くすのこ CI 本を出版しました!

皆さんこんにちは! 今日もどこかで改善サポート、Kusunoko-CIです。

日増しに暖かい日が増えてまいりました。窓から見る景色も、すっかり春めいてきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

春と言えば、卒業や入学、新しいことへの挑戦というイメージがありますね。私の息子もついに小学校に入学いたしました。まさにNew Challengeです。

 

私も何か新しいことに取り組もうと、今年のお正月に、一年の目標を立てておりました。それがこのエントリーにある本の出版です。

人生初めての取り組みでしたので、いろいろとわからないことも多かったのですが、なんとかかんとか出版までこぎつけることができました。

タイトルは、「海外カイゼンを 成功に導く! 変革戦略 7つのチャプター」。サブタイトルに、「カイゼン活動に必須の『人づくり』の仕組みとは」とありますように、主にCI活動をするために必要な組織の仕組みづくりや、そのために必要な「人」の育成を戦略的に行うための解説書になっております。

 

色々な場所でカイゼン活動をサポートしてきて見えたのは、

  • カイゼンためのツールさえ教えればいい
  • 「やれ」という掛け声さえかければ、自発的に人はカイゼンする
  • 製造にやらせておけばいい

などといったCI活動に関する誤解でした。

 

カイゼンとか、CI(Continuous improvement)とか、名前などはどうでもいいのです。ただ会社が生き残り、勝ち残っていくには、何か行動を起こさなくてはいけない。

こうした「ビジネストランスフォーメーション」のために必要な仕組みを作る、そのための人づくり、組織のトップがしなくてはいけないことは何なのかなどなど、私の経験も踏まえて書き記した、Kusunoko- CI作家デビュー作(笑)となります。

誰かが汗水たらして支えている活動というのは、遅かれ早かれ瓦解します。仕組みに落とし込んで、「楽に」出来るようにすることです。

本書より

Kindle Unlimitedなら0円で読むことも可能ですよ。

目次

  1. Kaizenとは
  2. Kaizenインストラクターとして
  3. 海外での5S活動
  4. Change Management (チェンジマネジメント)
  5. 企業文化
  6. トップの心得
  7. カイゼン(Kaizen)活動導入・展開

中東時代のカイゼンサポートなど、なかなかレアな経験も載っておりますので、ぜひお読みいただければと思います。

この本が、みなさまのカイゼン活動の、一助になることを願ってやみません。

今日も読んでいただきましてありがとうございました。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA