テレワークで増えた、英語の電話会議に リスニング改善アプローチ

Listening for teleconference.

Photo by Allie on Unsplash

皆さんこんにちは! 今日も元気にお過ごしですか? 改善おじさんKusunoko-CIです。

さて今日は、英語のリスニングについてです。

皆さんは「リスニングに自信あり!」と胸を張って言えますか? 私は、「Face to faceなら何とかなる」、と言い切れます。

この「Face to faceなら」というのがポイントとなんですが、電話やWebを通しての音声というのが、苦手。とても苦手

英語学習者の「最後のBig challenge」ともいえるこの電話会議。多くの方が苦労されているようです。良かった私だけじゃない(笑)。

しかもこの最近のコロナのせいで、電話会議というものが異常に増えました。Teamの方針のせいもあるのですが、ほぼ毎日、アメリカ人の同僚達と会議です。これがきつい。

ちなみに私は、今年で英語を始めてちょうど10年、2012年のTOEICで880点というレベル。けっこう長いことやってきて、問題ないんじゃないの? と言われることも多いですが、そんなことはないんですね。聞き取りづらい電話(Web経由)会議というのは、かなりハードルが高いです。

ということで、今回は、改善おじさんKusunoko-CIが考えた、英語リスニング向上のための訓練法をご紹介したいと思います。現在進行形ですが、効果が出ています。

これを読めば、物事の「改善的」アプローチと、英語リスニング力向上の手法が理解できますよ!

結論 今の訓練法

Photo by Alireza Attari on Unsplash

まずは今実際に、何をトレーニングとしてやっているか、なのですが、

  1. Nativeが使う英語の発音(省略、脱落、変化や癖)の法則を理解する
  2. 上を踏まえたうえで、CNNのテレビWeb会議風のプログラムを見る
  3. 分からない単語は、どんどんメモしていく
  4. 英語を聞く時に、なるべく“映像(絵)”をイメージして聞く
  5. Shadowing(話者が話していることを、真似て口に出す)をする

こんな感じです。

「敵を知る」

1に関しては、最近Keenynさんというアメリカ人の方のYou tube チャンネルを見つけました↓。

Clear English Corner with Keenyn Rhodes

別にこれが、数ある発音教材の中で、ベストとは言いません。ただ私的には、英語Nativeがよくやる発音省略や変化を、実例を使ってよく説明しているなと感じています。

まずは、この一連のビデオで、よくあるケースをすべて学んでしまう。そうすることで、実際の会話の中での「音の変化」を知ることができる。こういうのを知らないと、脳が「雑音」として流してしまいがち、と最近思い始めました。

知っていれば、対処のしようがある。まさに見える化ですね。

電話会議風CNN

CNNはコロナにより、Web systemで会話する動画が増えました。時々、とても接続状態が悪いです。ラッキー! これはまさに、「電話会議のようなくぐもった音声」を聞き取るのに最適の教材になっています。最大限利用したいところです。

リスニング鍛錬ヒント

単語メモやShadowingは、かなり正統派なので特に触れませんが、5番目の「イメージ」というのは結構大事です。

我々Non-nativeは、この第二言語を聞き取っているとき、なかなか他のことができません。メモを取ることすら、聞き取ることの妨げになっていきます。経験上。

とはいえ、「よく喋る英語」Native speakerはそんなこと気にしません。とにかく喋る、ずーっとなんか言ってる。

なので最近、頭の中で、聞いた言葉を「絵」にして思い描き、 瞬時に理解しながら情報を追いかけることにしました。

絵にすると、記憶に残りやすい話はこちらでもしていますが、耳にした情報を瞬時にイメージとして脳内に残せれば、「聞きながら理解」、そしてトータルで彼らが何を言いたいのか、ということの理解も可能になっていきます。

後天的に学んだものとして、ハンディがあるなら、なんとかそれを埋める努力をしないと、ですよね。

トヨタ改善的「英語リスニング法」はこうして考えた

Photo by Jungwoo Hong on Unsplash

問題点を絞り込む

とにかくただ英語聞き取るのだって、そもそも難ありなのに、電話通してとかもう。泣けます。回線状況が悪いと死にますよ、本当に。

とはいえ、すべて「慣れ」なのです。聞いて聞いて聞きまくって、脳に慣れてもらうしかない。

しかしながら、すべての英語を聞けるようになる必要もないし、限られた時間の中では、網羅的なことはできない。

とにかく、ターゲットにする部分を決めたら、そこに絞りこみます。これが基本的な、改善のやり方です。優先順位です。

今回の場合であれば、「英語Nativeとのビジネス会議、電話編」。ここまではっきり目標とすることを絞り込めれば、やれることもはっきりしてくる。限られた時間(リソース)もうまく使えます。

SMART target

現状把握と目標設定も、自然に決まってまいります。

現状:Native同僚と電話・Webで会議するときに、何を言ってるのかよくわかないことがある

目標:Native同僚と電話・Webで会議するとき、言っていることの70%は理解できる

まずはSMART targetで70%くらいにしておきましょう。

ちなみにSMARTとは、

  • Specific (simple, sensible, significant).
  • Measurable (meaningful, motivating).
  • Achievable (agreed, attainable).
  • Relevant (reasonable, realistic and resourced, results-based).
  • Time bound (time-based, time limited, time/cost limited, timely, time-sensitive).

目標値を設定するときは、この5つの項目をカバーできるように決めましょう、というルールです。最後のTime に関しては、「今年(2020年)の12月」までにとしておきます。「お尻」が決まれば、やる気もわく!

真因追及と改善策

そうしたら次は「なぜなぜ真因分析」ですね。

今回の場合は、Nativeの英語の、発音の癖を知らないというのが、どうも真因のようです

知らないことにはどうにもなりません。まずはNativeの英語の発音を知る、音の省略などの癖を学ぶ、単語、言い回しももっと知る。

そして最も大事なことは、それらを自分で発音できるようになる、ということです。これにはShadowingが効いてきますね。

口の動き(筋肉の動き)というも大事です。なのでCNNで、いろんな人が話す英語を、口の動きを見ながら真似てみる。これはTEDでも言われています(どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法)。

しかも最近は「音声の悪い」ネット会議的討論動画も増えていますから、たくさん視聴して、個人差や、「不明瞭な」英語に慣れていく。

これを毎朝30分~45分やるというのが、今の私のトレーニングになります。

リスニングは「いばらの道」

ぶっちゃけ簡単ではないのが、このリスニング。

こちらの同時通訳のブログの方も、聞き取りに必要な要素として、

・文法の知識

・単語・熟語の知識

・構文の知識

・よく使われるフレーズ・会話パターンの知識

・その話題や状況についての知識(話の流れ、文化的背景など)

・話者についての知識(性格、ポジション、口癖など)

をまんべんなく向上させる必要があると、述べられています。網羅的に出来れば、ですけどね。

時間は限られています。他のこともしたいです。なので、CNNで、おそらくビジネスに近い言い回しが、ピンポイントでカバーできるであろうと「当たり」をつけました。手軽だし。

文法や構文は、まぁだいたいできているとして、フレーズ・単語・言い回し、話の流れ、文化的背景、そしていろいろ話者の個性を学ぶのに、とてもいい素材じゃないかと思っています。

CNNの動画は、5分~10分で、Shadowingの量としても手ごろです。また男女とも、いろいろな人が登場して、違った言い方・癖も学べる。

無料でできる訓練としては、かなりいい線言ってるんじゃないかなー。

中間発表

今この方法で試行錯誤すること、2カ月。

たった2カ月ですが、実感として、少しずつですがわかるようになってきたなと感じています

実はその昔、8年ほど前にもCNN視聴はしていたんですが、当時は自分のレベルにあっていませんでしたね。ほとんどわからなかったです。TOEIC880点なんて、そんなもんです。

しかしながら今、8年の時を超え、だんだんわかるようになってきましたよ!

ですので、この方法で今後も続けていきます。2か月で、感覚的には7割くらい理解できるようになってきてますんで、12月にはかなりいい結果が期待できるのではないかと。目標の75%以上。

とにかく続けていくことでね。

中級くらいの方へのアドバイス

ちなみに経験上、初めうちはあんまり背伸びせずに、「少しがんばれば聞けるレベル」から始めたほうがいいですよ。

あまりにわからないものを使うと、脳が英語を「雑音と」してとらえてしまい、シャットアウトしてしまう。そういう癖がつくと、どんな英語もぼーっとただ聞いてるだけになってしまって、かえって危険です。これ経験上、けっこうリカバリ大変だったので強調しておきます。

VOAとか、TOEICもそうですが、とても分かりやすく発音されていますから、まずはそこから始めて、徐々にレベルを上げるようにするといいと思います。

まとめ

Photo by Andy Beales on Unsplash

改善の問題解決の手法は、仕事だけでなく、私生活や勉強などあらゆるシーンで役に立ちます。今回は自分の、英語リスニングに関して使ってみました。

  • まず問題点を明らかにし、(アメリカ人の英語が電話で聞き取れていない)
  • 一番効きそうなところを判別したら(電話、ビジネス、Native発音)、
  • 真因を探り(Nativeの発音の癖を知らない、絶対量の不足)、
  • それに対して改善施策をうっていく(発音特化コーチング動画、CNN)
  • ある程度やってみたら、うまくいった・いかないの検証をして(毎週の電話会議で変化を確認)
  • その結果をもとに、調整をしてまた取り組んでいく(足りないところは補う案を考える)

という流れになります。

今回はリスニングに焦点を当てましたが、改善的アプローチなら、求める分野の向上に一番効く方法を選択して行くことができます。

  • 闇雲に網羅的にならない
  • 効きそうなところを合理的にアタック
  • リーズナブルな達成目標を掲げて
  • 計測可能な単位で追いかける
  • うまくいったにせよ行かないにせよ、きちんと検証して
  • 次どうしていけばいいのか考える

というサイクルになります。まさにPDCAですね。

ぜひ試してみてください。Kusunoko-CI、今後も続けて、皆さんにいい結果を報告できるよう、がんばっていきますよ!

今日も読んでいただきたきまして、ありがとうございました。一緒にがんばりましょう!

ではまた!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA